コラムColumn

あなたの品格を表す腕時計の選び方

2019.04.01

あなたは仕事のあいだ、腕時計をしていますか?
どんな時計をしようと仕事とは関係ありません。・・・が、身につける時計には、印象を左右するだけのパワーがあることをぜひ知っておきましょう。

時計は、社長就任記者会見、新製品発表会、謝罪会見のときのイメージコンサルティングの最終チェックポイントです。かつて、某企業の謝罪会見で1,000万円近い高級腕時計をしていた社長がメディアで話題となり、その後しばらく何かと取り上げられるネタとなりました。

女性にとって宝飾品を身につけることがステイタスである一方、男性は時計と車がステイタスシンボルであるといわれます。ベンツやポルシェなどの高級車に乗ることが富の象徴であるように、高級腕時計も富裕層にとって大切なアクセサリーです。ヨーロッパ貴族は次の世代に時計を受け継いでいくというだけあって、高級車と同額の高級腕時計は宝石がちりばめられ、まさに財宝といえます。

ブランドコンセプトの整合性が鍵

さて、印象を左右するパワーをもつ時計はどのように選ぶべきなのでしょうか?
印象マネジメントとしての腕時計の選択基準は、「時計メーカーのブランドコンセプトとパーソナルなブランドコンセプトの整合性」です。

極端な例ですが、貴族が身につけるとされているパテック・フィリップを働き盛りの30〜40代のビジネスマンが身につけるとなると、なんともちぐはぐな印象です。どんな理由にせよ、それだけの稼ぎがないはずの年代なのに買えるということは、お金持ちの道楽息子に違いないと思われても仕方ありません。繊細で華奢な印象の老舗呉服屋の社長が大判ロレックスというのも、しっくりきませんね。

宝石と同じく、顔の印象や服装、体格と合っているかどうか、それを身につける中身、つまり経験や収入、そして職種や性格とマッチしているかどうかで腕時計を選ぶことが重要です。
つまり、あなたが身につけている腕時計で、ファッションセンスだけでなく、ヒューマンセンスが問われるのです。

もしあなたが腕時計を新調しようとお考えなら、とことんブランドの歴史やコンセプトを調べ、自分の生き方に合うものを選ぶことをおすすめします。ブランドによって実にさまざまな歴史やドラマがあるので、一度ぜひ調べてみてください。

デザインも、もちろん重要です。ヘッドの形は自分の体格に合わせます。
・細い体型・・・長方形
・がっちり体型・・・丸形
が適当です。
ヘッドの大きさは体の大きさに合わせます。小柄な人があまりに大きなヘッドでは滑稽な印象になりかねません。ビジネススーツには金属ベルトよりも革ベルトがよしとされています。キラキラしたものをこれ見よがしに身につけない、という嗜みからです。そして、ビジネス用であれば文字盤は白をおすすめします。視覚的に時間が見えやすいという点で時間への厳しさを表します。文字についても遊びのないものがよいでしょう。最近、オシャレな紳士の間で好まれるフランク ミュラーですが、個性的な文字盤には遊び人の印象があることを知っておいてください。

最後に、収入が上がればそれなりのものを身につけたくなるのが男の性です。しかし、どんなに高い腕時計を欲しても年収の1割以上の腕時計はタブーです。年収1億円であれば1,000万円以下、年収1,000万円であれば100万円以下でしょう。謙虚さを美とする考え方は、私たち日本人の良さでもあります。謙虚さをもって身分相応の腕時計を選ぶことが、品格のある印象マネジメントです。

白髪染めをしないグレイヘアのススメ

2019.04.01

ここ最近になって、にわかに話題となっている「グレイヘア」。2018年の流行語大賞にもノミネートされ、テレビや女性誌でも特集が組まれるほど注目されています。この話題の中心は主に「女性のグレイヘア」ですが、さて、男性の場合はどうでしょうか?

さまざまな会合で見かける50代の茶髪紳士。ほとんどの方は茶髪にするつもりはないようですが、白髪染めをしてから時間が経過すると次第に茶髪に変化していくと口々におっしゃいます。水道水の塩素の影響もあり、色が褪せていく現象です。室内であればさほど目立たない茶髪でも、屋外で太陽光を受けると茶髪度が高まり、特にトップが薄い場合は地肌が透けて見えてしまい、なんとも寂しい印象を醸し出してしまいます。

どうしても白髪を染めたいクライアントには、かなり黒く染めるか、もしくは3週間に1度は染め直すようにおすすめしますが、なかなかそれもままならないようです。早い方では、30代後半から気になり始め、男性も白髪が出てくると染めた方がいいのでは、と思う方が多くいらっしゃいます。

白髪染めをしないという選択

さて、白髪を染めるか染めないかという葛藤をお抱えの方へ・・・
結論から言いますと、男性には「白髪染めをしない」ことをおすすめしています。
白髪は、内面的な落ち着きや貫禄を表すものです。もちろん、無頓着な白髪交じりの伸ばし放題の髪形はだらしなく、疲れた印象をつくりますが、短くカットされたスタイルでは白髪の存在が立体感を醸し出し、プラス効果を演出します。

実際にこんな例があります。いつも出身高校の同窓会でお会いする60代の大先輩。ご多分にもれず白髪を染めていらっしゃいました。しかしながら薄くなったトップを隠す黒染めは、黒と地肌の色のコントラストを目立たせるだけでした。先輩だからこそ放っておけず、2年がかりで口説き、髪を切り、白髪染めもやめていただきました。

「そのスタイルのほうが若々しく、絶対素敵です」と断固として主張する私に、半信半疑であった彼ですが、ヘアをカットした後のある日、米国出張の途中で突然国際電話をくれました。IT大手の代表取締役であった彼は海外出張も多く、外国人の仕事仲間も多い紳士です。電話によると「昨夜のパーティで外国人の同僚たちに囲まれ、すごく若返ったと絶賛された」という嬉しい報告でした。しかも、“成功したエグゼクティブ”という印象である、と太鼓判を押されたそうです。「唐澤さんの言った通りだね」と言って、電話を切られました。

白髪染めをしないという選択は、外見だけではなく、白髪を堂々と受け入れているという潔さが内面の自信の裏付けにもつながり、男らしさを醸し出すのです。私たちが生きていれば、常に環境も変化し、自らも変化します。それは会社も同じです。その変化を受け止め、柔軟に対処し、環境に適応しながらも、新たな成長戦略を模索する。それがビジネスマンに求められるスキルです。自分に起きた変化を強みに変えることのできる術がそのまま40歳以降の印象マネジメントにも反映されることを、心に留めていただければと思います。

スーツのうしろ姿を格好良く見せる方法

2019.04.01

ビジネスマンの多くが着用しているスーツ。
格好良く着こなすために、うしろ姿を美しく見せることはとても重要です。
「うしろ姿は自分では見えないから」とおろそかにしていませんか?
ぜひ、『スーツは「肩と背中」で決まる』ということを覚えておいてください。

まず、バブル時代からよく見かけた「肩がずれ落ちたブカブカスーツスタイル」、細身のスーツを無理に着ている若者がしがちな「肩も背中もパツパツで、丈が短くお尻が丸見えスタイル」は絶対にNGです。

うしろ姿を最もステキに見せてくれるスーツを追求するために、40歳を節目に オーダースーツの体験をおすすめしていますが、そこまでコストをかけられない場合は、セミオーダーという方法もあります。それも難しい場合は、既製品のスーツでも、肩合わせをしっかりしてもらい、できる範囲で直しを入れてもらってください。

もともと肩が狭い人やなで肩の人は、肩パッドなどを活用するのがおすすめです。上着の長さは、ヒップの下の部分がきれいに隠れている必要はありますが、軽やかさを印象づけたいときは若干短めに、貫禄や落ち着きを表現したいときは若干長めにしておくとよいでしょう。しかし、短すぎる丈は未熟な印象に、長すぎる丈は野暮ったい印象につながりますのでご注意ください。

うしろ姿のポイントは「ベント」

さて次に、うしろ姿を素敵に見せられるかどうかを左右するパーツがあります。
それが、スーツの裾の切れ込み部分の「ベント」です。

このベントの種類と背景、さらにどんな印象を与えるかについてご紹介します。

中央に1か所切れ込みがあるセンターベント
乗馬の際に裾が巻き込まれず、皺になりにくいようにつくられたもの
→「スポーティ」な印象

左右に2か所切れ込みがあるサイドベンツ
腰にサーベルの鞘が綺麗に覗くように設計された軍服用のベント
→「権威的」な印象

何も切れ込みがないノーベント
動きが激しくないときに着用する、現在ではフォーマル用
→「エレガント」な印象

こうした背景や意味合いを知ったうえで、場面に応じて相手に与える印象をコントロールすることが、コーディネイト・スキルのひとつです。
例えば、営業先のクライアントに活動的でフットワークの軽さを印象づけたいときにはセンターベントのスーツ、管理職に昇進し、初めてのスピーチをするときには重厚な印象を与えるサイドベンツのスーツ、といったように意識して使い分けをしてみてください。

一方、シーン別に選ぶのではなく、体型から考える場合は、ヒップが大きめの方にはサイドベンツをおすすめしています。ヒップの動きで開きっぱなしになっているセンターベントは、ステキなうしろ姿とは言えません。

ベントの種類に関わらず、ヒップまわりが無理なくすっきりと体にフィットしていることが、ステキなうしろ姿のポイントです。

自らを客観視しながらステキなうしろ姿をつくることは、自分が作成した企画書を客観的にあらゆる方向から検討することと同じです。仕事ができるビジネスマンはうしろ姿に表れるのです。
ぜひ、スーツを着用する際には、うしろ姿を確認することをお忘れなく。